名古屋の名医で歯周病&インプラント治療をしよう

HOME >  本当は怖い歯周病の話 >  症状から危険度チェック

症状から危険度チェック

歯周病の症状をチェック

歯周病の進行レベルは初期、中期、末期の3つに分けられ、ここではその症状とどんな状態になるのかを見ていきましょう。また、それぞれの進行レベルにあった適切な治療法を紹介します。

 

初期の歯周病

症状
初期は症状がわかりにくいといわれていますが、歯磨きをすると出血することがあります。
歯磨きをしないでいると、歯がうずくように感じたり、歯茎が腫れるような感じがしたりします。

状態
歯石がつき始めた状態です。歯石をちゃんととれば完治します。

 適切な治療 

正しい歯磨きと、一般的な歯科医院でのメンテナンスで改善を図ることができます。

 

中期の歯周病

症状
初期状態を放置すると数年で歯茎の腫れが顕著になり、膿が出たり、異臭がしたりします。

状態
歯と歯茎の間の深い部分に歯石がつき、周囲の骨が溶け始めています。
歯ブラシでは届きにくい部分で進行するため、日常の歯磨きでは改善しにくい状態です。

 適切な治療 

歯と歯茎だけでなく、骨にも影響出ている状態では、一般的な歯科医院よりも、歯周病の専門歯科医院にかかることをおすすめします。
内服薬を処方される内科的処置が必要になる場合もあります。

 

末期の歯周病

症状
歯がぐらつくようになります。歯磨きの度に出血するようになり、歯茎から膿が出ることがあります。

状態
歯の根元の深い部分まで歯石が進行して、歯茎が歯からはがれ、歯を支える骨も溶けはじめています。

 適切な治療 

歯の根元がむき出しになっている状態では、歯の治療というよりは、外科手術による再生治療が必要となります。
自分の歯を失うような場合は、インプラントや入れ歯によって補完することになりますが、こうした処置は専門の技術や設備を有する歯科医院を選ばないと、後で後悔することになりかねません。

 

自分ではわかりにくい「隠れ歯周病」に注意

子供の頃の虫歯のように、明確な痛みを感じて歯医者にかかればいいのですが、仕事を抱える日々の中では、末期症状にでもならない限り、歯周病を自覚できないケースも多いのです。歯石には多量の歯周病菌が存在するので、隠れ歯周病ではないか、以下の3つのポイントでチェックしてみましょう。

1、正しく歯磨きしているか

雑に歯磨きをしていると、虫歯にはならなくても歯石はしっかり蓄積していきます。

2、ときおり歯医者にかかっているか

歯につめものを入れている人なら、虫歯にはならなくとも、つめものがとれた時は歯医者にかかると思います。その際、他の歯の状態をチェックしてもらったり、歯石のクリーニングを受けることがあると思いますが、こうした処置をまったく受けないと、歯周病の進行に気づかない場合が多々あります。

3、自分の健康を過信していないか

働き盛りの年代では、ちょっとした体調不良で医者に行くことはなく、回復してしまうことがよくあると思います。歯周病も同様で、病気に対する抵抗力がなまじあることで、歯茎の炎症が起こりにくく、症状の進行に気づかないことが多いのです。