名古屋の名医で歯周病&インプラント治療をしよう

HOME >  本当は怖い歯周病の話 >  30代からの歯周病

30代からの歯周病

厚生労働省が出している「平成23年度歯科疾患実態調査」によると
30代の約70%以上の人が歯周病にかかっているというデータがあります。
自分はちゃんと歯を磨いているつもりでも、もう既に歯周病に冒されているかもしれません。

ここでは、歯周病の特徴や原因などを紹介します。

そもそも歯周病とは

歯周病は虫歯同様、歯の表面に付いたプラークが原因で発症する感染症です。
歯磨きが行き届いていないと
歯と歯肉のポケットに細菌が溜まり、炎症や腫れる原因となります。

そのまま症状が進行すると
歯を支える歯槽骨と言われる土台が溶けてしまい、最悪抜歯する必要があります。

昔は歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれることが多かったですが
現在では細菌が原因で歯ぐきを炎症させるため
歯の周りの病気「歯周病」と呼ばれています。

今すぐ歯周病度をチェック

実際に歯周病チェックとして、普段見逃されやすい症状を紹介します。

  • 歯の間に食べ物がよく挟まる
  • 最近口臭が気になるようになった
  • 歯が伸びたような気がする
  • 歯が浮いている感じがする
  • 歯を磨いた時などに、歯ぐきからよく出血する
  • 冷たい水を飲むと、歯ぐきに違和感がある
  • 歯ぐきの色がピンク色ではなく、赤や紫になっている
  • 指で歯を押したり、強く噛み締めたりすると歯がぐらつく
  • 指で歯ぐきを押すと、ブヨブヨしている

これらの項目に1つでも該当する人や、最近歯医者にかかっていない人は
1度歯医者に行って診察を受けることをオススメします。

いつまでも健康な歯を

歯周病になる原因として

  • ストレス
  • 糖尿病
  • 偏った食生活
  • 歯並びの悪さ
  • 更年期
  • 喫煙

などがあります。

歯周病は、あまり自覚症状が出てこない病気のため
歯ぐきに突然激痛が走ったり歯周病と分かった時には即抜歯というケースも多いようです。
そうならないためにも、定期的に診察してもらうことと、日々のメンテナンスが大切です。