名古屋の名医で歯周病&インプラント治療をしよう

HOME >  歯周病治療から始めるインプラント

歯周病治療から始めるインプラント

歯を失う原因のトップが歯周病で、その抜けた歯を補うのがインプラントです。インプラント治療をおこなう人の多くは、歯周病患者でもあります。
このカテゴリーでは歯周病とインプラントの治療方法及びメンテナンスについて紹介します。

歯周病治療について

歯周病がある程度進行してしまうと、歯だけでなく歯茎や骨にも菌が悪影響を及ぼしてしまいます。

歯肉の奥に隠れた歯の根元や骨は、通常のレントゲンによる二次元画像では、正確に状態を把握することが困難。歯周病を得意とする歯科医院なら、CTスキャンなどより高度な撮影機器を持っていて、患部を立体的に把握できるようにしています。実際の治療ともなれば、さらに専門的な知識と設備が必要となることはいうまでもありません。

外科手術並みの設備・技術を要するインプラント治療

歯周病の進行が末期で、抜糸せざるをえない場合、歯周病菌を滅菌するなど治療した上で、抜けた歯を保管する治療を受けることになります。それがインプラントです。

インプラント治療は、まずしっかりした計画を立てることからスタートして、歯根武運の埋入→支台の連結→人工歯の装着、といったステップで進行します。

こうした治療は、顎の骨に直接人工歯根を埋入するなど、歯科治療というよりは外科手術に近いものと考えてください。こう書くと不安を煽ってしまうかもしれませんが、オペ室のない病院で切開手術を受けようとは思いませんね?
インプラント治療は、それと同じレベルの設備や技術、実績を持った専門歯科でなければ、安心できません。

インプラントを長持ちさせるメンテナンス

高価なインプラント治療を受けたからといって、その後にメンテナンスを怠れば、自然な歯と同様、長持ちはしません。インプラント治療とは、その後のメンテナンスも含めて専門歯科にお世話になる必要があるのです。

特に、外側から見えない顎の骨との接合部分などは、半年に一度程度、CT撮影で状態をチェックしておくと安心です。