名古屋の名医で歯周病&インプラント治療をしよう

HOME >  名古屋のインプラント情報館 >  インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯、どちらを選べば良いのか悩んでいる人もいるかと思います。
このぺージでは、インプラントと入れ歯の違いと差をご紹介したいと思います。治療法選びに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

毎日の食のお供!インプラントと入れ歯どちらを選ぶ?

インプラントと入れ歯、「歯」として利用する時にどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?それぞれの毎日の使用感についてまとめてみました。

咬みやすさ
どちらも差はありません。
しかし、入れ歯ははめ込んで食べるものに対しインプラントは自分の歯と同じ感覚で咬むことができます。
食事の味

  • インプラント…美味しさが損なわれることはありません。
  • 入れ歯…歯茎の上を覆うこともあり味覚や食感が損なわれます。

歯としての見栄え

  • インプラント…見た目の仕上がりが本来の自分の歯と差がなく自然な仕上がりになります。
  • 入れ歯…安定のために金属のバネを利用することもあり口を開いた際に金属が見えることがあります。

お手入れ

  • インプラント…自分の歯と同じ要領で歯ブラシで磨いていきます。
  • 入れ歯…市販で売られている薬剤で取り外し漬けて洗浄するか磨いていくかになります。

※医院によって指示がある場合もありますので、その場合は医師に従ってください。

治療を終えてからの生活を見ると、インプラントの方が魅力的に見えます。
しかし、心配になってくるのが「治療は安全なのか」。毎日の生活に欠かせない歯と付き合っていくうえで、医院選びは重要になってきます。

治療に関してのインプラントと入れ歯

実際に治療に移るとなると、インプラントと入れ歯はどう違ってくるのか気になります。治療について調べてみました。

医院の数

  • インプラント…治療を行う医院が少ないです。
  • 入れ歯…一般的な治療方法なため多くの医院で受療できます。

天然の歯への影響
個々の歯の状況によって変わってきますが一般的に、

  • インプラント…歯肉へ歯を埋め込むため周りの歯への負担をかけることはありません。
  • 入れ歯…周りの歯に金属のバネをかけて支えるため周りの歯に負担がかかります。

費用

  • インプラント…全て自己負担となり、健康保険を利用できません。
  • 入れ歯…健康保険での治療が可能ですが、使用する素材によって自己負担となります。

期間

  • インプラント…約3ヶ月~1年。
    顎の骨としっかり結合するまで、2~6ヶ月程必要になります。
  • 入れ歯…一般的に、作ってから使いこなすまで2ヶ月が目安といわれています。
    総入れ歯ですと場合により、6ヶ月以上必要になってくる可能性があります。

※それぞれ、個々の歯の状況や通院頻度などによって差はあります。

インプラントと入れ歯と、治療によって差は出てきますが大事なのは自分はどちらが合っていて、選びたいか。個々で違う口の形や歯の状態を見て、アドバイスと治療に励んでくれるクリニックに巡り合いたいですね。