名古屋の名医で歯周病&インプラント治療をしよう

HOME >  名古屋のインプラント情報館 >  名古屋のインプラント費用の相場

名古屋のインプラント費用の相場

名古屋の歯科医のインプラント費用相場

名古屋市内の歯科クリニックのインプラント治療の相場を調査しました。クリニックや技術によって費用に大きな開きがあります。

 

名古屋市内のインプラント相場

当サイトが取り上げている、歯周病治療に強い名古屋のインプラント歯科6件の費用は、比較的ベーシックなプランで見てみても、15万円から45万円まで、幅広いものになっています。平均をとると28万円強ですが、これが名古屋の相場だと短絡的にいうつもりはありません。

反対に、10万円台・20万円台・40万円台が各2件ずつと、バランスよく分布されていることで、費用に対する傾向が見えればと考えて、セレクトした面もあります。例えば、安価な歯科医院では、どういった部分でコストを削っているかをチェックすればいいと思います。高価な歯科医院では、設備やスタッフの人件費など、何にお金をかけているのかが見えてくると思います。

インプラントの検索サイトなどでは、1本あたり40万円が相場という記述も見られますが、患者個々の状態によっても実際の治療費は異なります。費用の高い安いで比較するというよりは、その料金設定から、治療方法や医院の運営体制などを読み解く情報と考える方がよいでしょう。

名古屋で評判のインプラント歯科リスト≫

料金体系の仕組みとは

インプラントの費用は、おおまかには部品代(インプラント、支台部分、人工歯)と手術費用を意味する場合が多いようです。実際の治療では、それ以外にも診察・検査・CT撮影・投薬・注射などの費用がかかります。

当サイトは、オリジナルな料金体系を打ち出しているふたつの歯科医院を比較しながら、コスト要因について検証してみましょう。

吉岡歯科医院の場合

・インプラントベーシックプラン 1本あたり45万円(税別)
CT撮影料や再診料、薬剤料や通常の静脈内鎮静料金や、少量の骨移植はインプラント基本料金に含まれます。

名古屋デンタルクリニックの場合

・アロー(マイティス) 1本あたり15万円(税込)
・ノーベル(テーパード・グルービー) 1本あたり21万円
・インプラント本体+手術費用+オールセラミック冠+場合により下記内容を含みます。
・CT撮影、CT用サージカルステント、GBR(骨誘導再生)、サイナスリフト、ソケットリフト、笑気麻酔、スプリットクレスト、静脈内鎮静方(当院ドクター)、仮歯、外科用ステント(簡易)
※サイナスリフト、ソケットリフトは強度の問題からノーベル2本以上の埋入時を原則としています。

どちらも、診察や手術に不随する費用も含まれているため、総額に近い表記をしていると思われます。では何か違うのか、外部から見てわかるレベルで、吉岡歯科医院には2点の特徴があります。

  • 無菌手術室をはじめ、設備投資にコストをかけている
  • 院長を含めて歯科医師が5名いるなどスタッフが充実している

もちろんこれだけの違いではないでしょうが、名古屋近辺の歯科医数を考えれば、理由もなく高価な歯科医が何十年も運営できるはずもありません。

設備や機材、スタッフを充実させるためのコストが、インプラント費用に反映されていると考えるのが自然でしょう。虫歯治療ではなく、外科手術をまかせる医師選びと思えば、費用対効果をどう考えるか、自然と答えは出るはずです。

保険治療との違いと医療費控除

インプラント治療は基本的に健康保険の対象外となるようです。

一般的な入れ歯であれば保険が適用され、自己負担額が減りますが、インプラントは自費診療となります。この点が、インプラントが高価だというイメージになっているわけです。

しかし、患者にとっての医療費とは、日常的には自己負担の金額なので、全額自己負担の治療費はことのほか高く感じてしまうのでしょう。一方、インプラントも年間で10万円以上の医療費を使っていれば、確定申告の医療費控除で所得税の一部が戻ってくる可能性があります。