名古屋の名医で歯周病&インプラント治療をしよう

HOME >  歯周病に強いインプラント歯科一覧(名古屋限定情報) >  歯科選びのポイント

歯科選びのポイント

ここでは、より安全なインプラント治療を受けるために、歯科医院を選ぶ際のポイントを紹介しています。

インプラント歯科選びはここをチェック

治療経験が豊富

インプラント治療は自由診療なので、高額な治療費が掛かりますが、その分高度な知識や技術が必要です。にもかかわらず、経験も少なく、講習を受けただけの医師が施術する医院もあります。経験豊富な医師に施術してもらうには、症例数の多い医院を選ぶと良いでしょう。

明瞭な料金設定

最近では、「インプラント1本で○万円!」という広告もよく見かけます。安いと思ってつい目がいってしまいがちですが、この広告には注意が必要です。もともとインプラントとは、「人工歯根」のこと。白い歯の部分は「上部構造」「かぶせ物」などといって、インプラントの上にかぶせる部品です。つまりこの場合、実際に負担するのは、インプラント+上部構造の値段。上部構造の値段が別途掛かるため、金額は表記されているものよりずっと高額になります。きちんとした歯科を見極めるには、合計金額を明示しているかも確認しましょう。

インプラントの専門設備がある

インプラント治療は、生体外物質(インプラント)を人体に移植する手術。もし雑菌が入ってしまった場合、そこから病気を併発してしまう恐れも。そのため、設備や器具は、しっかり滅菌されている必要があります。滅菌手術室などの設備が整っているか、きちんと確認しておきましょう。

使用しているインプラントのメーカーが信頼できる

インプラントのメーカーはたくさんありますが、現在世界で最もシェアが大きいのは、ノーベルバイオケア社のブローネマルクインプラント。国内においては主にJMM社のPOIインプラントが使用されています。シェアが大きいということは、それだけ信頼があり、臨床実績もあるということ。症例によって適さないメーカーもあるようなので、自分に適したインプラントを選んでくれる歯科が安心です。

勉強熱心な医師

インプラントの学会は世界中に存在していて、日々最新の治療法や研究結果などが発表されています。国内にも、日本口腔インプラント学会、国際口腔インプラント学会、日本顎顔面インプラント学会、国際インプラント学会などがあり、所属している医師は多数。これらの学会ではインプラント認定医の基準を設けており、一定の基準を満たした医師のみが「~学会認定医」という肩書きを得られます。医師選びの際には、プロフィールなどを確認してみると良いでしょう。